住宅ローンやカーローンは組めない?過払い金請求とローンの関係性

住宅ローンやカーローンは組めない?過払い金請求とローンの関係性

過払い金は回収するべき権利がありますが、やり方によってはローン審査に通過できなくなり、住宅ローンやカーローンなどが組めなくなる可能性があります。

例えば過払い金請求と債務整理を併用してローンを整理した場合は、債務整理をすることになるので一定期間はローン組めないと考えてよいです。

返還請求を考えている方は、今後のローン契約に影響するか把握しておく必要があります。

過払い金請求をした先が関連会社かどうかもポイントになりますので、見ていきましょう。

今すぐ無料相談する!

基本的に過払い金請求をしてもローンは組める

債務整理をすると5~10年間はローンを組めなくなりますが、過払い金請求に関しては基本的に組めます。

過払い金は払いすぎた利息と言われているように、もともとは自分のお金だからです。

例えるなら1万円のバッグを購入するときに間違って2万円を支払ってしまい、後から気づいたので1万円の返金を受ける状況と似ています。

つまり過払い金は借金ではないため、過払い金請求をしても原則としてブラックリストには載らないわけです。

そして、過払い金請求の還付金で残った借金を一括返済したりすれば、信用情報に記載されるということもありません。

そのため新しくローンを組むときは問題なく審査を受けられるでしょう。

ただし過払い金請求をしても借金が残ってしまい、続けて債務整理をした場合はブラックリストに載ります。

よくあるのは過払い金請求後に任意整理を行うケースで、この場合だと5年程度ブラックとなります。

5年が超過してブラックから外れれば、ローン全般の利用ができるようになります。

個人再生や自己破産を行った場合は7~10年程度ブラックになりますが、無期限で登録されることはないので将来的にローンを組むことが可能です。

過払い金請求後にローンを組もうと考えている方は、債務整理をせずに過払い金請求のみで解決しましょう。

借金をすべて相殺できずに一部が残っても、手持ち金や貯金などで一括返済すればブラックリストには載りません。

住宅ローンやカーローンなども組める

結論から言いますと過払い金請求をしても住宅ローンやカーローンを組むことが出来ます。

では、なぜ過払い金請求をするとローンが組めなくなると言われているのかというと、ローンの審査とブラックリストが密接に関係しているからです。

ブラックリストは実際に特定のリストがあるわけではなく、賃金業者が加盟している信用情報機関にマイナスの情報が載ってしまうことを指します。

マイナスの情報とは債務整理や延滞していることなどを意味する金融事故情報のことです。

住宅ローンやカーローンなど融資を受けるためには審査をパスしなければいけません。

ローンの審査はお金を貸しても大丈夫か、ちゃんとお金を返してもらえるか、ローン申請者の返済能力を見極めることです。

この時、返済能力を測る指標として信用情報機関が提供している信用情報を活用します。

ローンを融資する金融機関側からすると、返済能力がない人にお金を貸すことは絶対に避けたいものです。

そのため、先ほど説明したマイナスの情報が信用情報機関に登録されている場合はローンを断られてしまいます。

借金を返済出来るように減額したり、支払いに猶予を持たせることを債務整理といいますが、債務整理を行うとブラックリストに載ってしまいます。

過払い金請求は借金に対して行う手続きのため債務整理の一種であると誤認されている場合が多く、このため過払い金請求をするとローンが組めなくなるという認識が広まっているのです。

ただし、上記で伝えましたように過払い金請求は、本来支払う必要のなかったお金を取り戻す手続きですので債務整理には当てはまりません。

かつては債務整理の一種とみなされていた時代がありましたが、現在は債務整理とは異なる手続きと正式に認められています。

ですので、原則、過払い金請求後に住宅ローンやカーローンを組むことができるのです。

過払い金請求をしても今組んでいる住宅ローンやカーローンに影響はない

過払い金請求は債務整理ではないため、手続き後に住宅ローンやカーローンを組むことはできます。

今、組んでいるローンに関しても影響はありません。

過払い金請求をした後に「一括で返済してください」「契約条件を見直します」といったことが起こることはありませんので、心配している方は安心してください。

むしろ、過払い金請求を行うことで手元にまとまったお金が入ってきますので、それをローンの返済に充てることができ、返済を楽にすることができます。

住宅ローンやカーロンでは過払い金は発生しない

過払い金が発生する理由は法定内利息を超えたグレーゾーン金利による貸付を行っていたことです。

つまり、過払い金請求ができるのはグレーゾーン金利が適用されていた賃金業者から借入れをしていた人ということになります。

住宅ローンやカーローンはそもそも金利が低く、グレーゾーン金利のような高金利で貸付が行われていません。

ですので、住宅ローンやカーローンには過払い金が発生していません。

あくまでも過払い金請求ができるのは法定内金利を超えるグレーゾーン金利で貸付を行なっていた賃金業者のみです。

過払い金請求をしてローンが組めなくなる2つのケース

原則、過払い金請求をしても住宅ローンやカーローンを組むことはできます。

しかし、すべての状況で出来るわけではありません。過払い金請求をする状況によってローンが組めなくなるケースもあります。

ここでは過払い金請求をした後にローンが組めなくなる場合を説明します。

返済中に過払い金請求を行い、過払い金で完済できなかった時

借金返済中に過払い金請求をすることがありますが、このケースの場合状況によっては過払い金請求後にローンが組めなくなってしまいます。

過払い金請求は債務整理として扱われないのが原則ですが、これは完済している過払い金請求の時の話で借金返済中の場合は例外です。

借金返済途中の過払い金請求は借金を整理する過程で過払い金が発生していることがわかり、その分を清算して借金を適切にするという捉え方になります。

そのため、必ず一度は任意整理扱いとなりブラックリストに載ってしまいます。

ただし、残りの借金と過払い金を相殺して借金が完済できる場合は、結果的に任意整理ではなくなりますので信用情報機関に登録されていた事故情報が削除されます。

もし 取り戻した過払い金と残りの借金を相殺しても借金が残ってしまう時は、任意整理扱いとなってしまいますのでブラックリストに載ったままになってしまいます。

任意整理でブラックリストに載ってしまうと最低5年間は情報が登録されたままになります。

つまり、5年間は住宅ローンやローンが組めなくなるということです。

基本的に信用情報機関に事故情報がある場合、賃金業者はリスクが高いためローン以外のキャッシングやクレジットカードの取引・新規作成もできなくなります。

金融商品全般の利用ができないため、ブラックリストに載っている期間中は現金払いを徹底するしかありません。

過払い金を回収すること自体は正当な権利ですが、状況によっては債務整理として扱われてしまいます。

債務整理は法的に借金を減額してもらう救済策となり、債権者に損害を与えてしまうことは確かであり、そのペナルティを負うことは避けられません。

過払い金請求は完済した借金だけでなく、返済途中の借金に対しても行うことができます。

しかし、状況によっては過払い金請求を行ったことによってブラックリストに載ってしまう可能性があります。

そのため、過払い金請求を行った後に住宅ローンやカーローンなどの融資を受けたいと考えている場合が、手続きを行う前に過払い金で残りの借金を返済できるか確認するようにしましょう。

過払い金の金額は引き直し計算を行うことで目安を算出することができます。

専門家に相談する際に、その旨を伝えれば教えてくれますのでブラックリストに載るか確認してから手続きを行うようにしてください。

ローンを組む先が過払い金請求した関連会社だった時

過払い金請求で借金がゼロになれば、ブラックリストに載ることはありません。

そのため新規でローンやクレジットカードの契約ができますが、借入先が過払い金請求をした関連会社であるときは契約できないことが多いです。

過払い金は回収するべき権利がありますが、債権者側としてはたとえ1円でも返還したくないのです。

弁護士を通して過払い金請求をしても、訴訟にまで持ち込んでくる債権者は実際にいます。

債権者は過払い金請求をされることを極度に嫌いますから、返還請求をした金融機関から再度借りることは困難だと考えてよいでしょう。

また関連会社の場合もローン審査に通過できませんので、申込するときは関連性がないか調べておく必要があります。

関連会社かどうか判断が難しい場合は、10万円などの少額融資で申し込んでみるとよいです。

ブラックリストに載っていない状態なら、少額融資を受けられる確率は高いです。

もし10万円の借入ができない場合は、過払い金請求をした関連会社に申し込んでいる可能性があります。

この場合はたとえ1万円でも借入は難しいので、別の金融機関に再度申し込みをしましょう。

ブラックリストに載らなくても、過払い金回収をした該当会社や関連会社の自社データには残ってしまうのです。

要注意人物として判断されるので、ローンはもちろんクレジットカードの利用もできなくなります。

ローンの仮審査を受けて落ちてしまった場合は、本審査に申し込むのは避けたほうが無難でしょう。

返済中の過払い金請求をする時に注意すべきポイント

返済中の過払い金請求は借金を0にすることができなければ、ブラックリストに載ってしまいます。

過払い金請求後に住宅ローンやカーローンを組みたい場合は、過払い金で借金を完済することができる確認することが大切です。

確認する際にいくつか注意すべきポイントがありますので、以下で説明していきます。

クレジットカードのショッピング枠の残高がある場合

クレジットカードはキャッシング枠のみ過払い金請求を行うことができます。

ショッピング枠の借金に関しては過払い金請求をすることはできません。

クレジットカードのキャッシング枠に過払い金請求を行った時、ショッピング枠に残高があるとその支払いに過払い金が充てられてしまいます。

もし、ショッピング枠の残高が残ってしまった場合、任意整理として扱われてブラックリストに載ってしまいます。

クレジットカードの過払い金請求はキャッシング枠のみに行うというように部分的にすることはできませんので、必ずショッピング枠も支払いの対象になります。

ですので、クレジットカードの過払い金請求を行う場合はショッピング枠の残高まで確認するようにしましょう。

過払い金請求先の賃金業者が保証会社の場合

銀行のカードローンを利用していて残高がある場合は注意が必要です。

賃金業者の中には同系列の銀行カードローンの保証会社となっているところがあります。(例えば、アコムは三菱UFJ銀行や自分銀行の保証業務を行っている)

この保証業務も行っている賃金業者に対して過払い金請求を行う時、その賃金業社が保証している銀行のカードローンを利用していた場合、そちらの残高の支払いに過払い金を充てられてしまうことがあります。

このケースも借金の残高が残ってしまうと任意整理になってしまいブラックリスト載ってしまいます。

グループ会社からの借入れがある場合

過払い金請求先の賃金業者と同じグループに属する賃金業者から借入れを行っている場合も注意が必要です。

例えば、アコムとDCキャッシュワンは同じグループ会社で、この2つの会社から借入れがある状態でどちらかに過払い金請求を行った場合、2つの残高の支払いを求められることがあります。

アコムに過払い金請求をしてアコムの残高分を過払い金で相殺できたとしても、DCキャッシュワンの残高分までは完済できなかったとしたら、この場合も任意整理扱いになってしまいブラックリストに載ってしまいます。

ですので、同じグループ会社から借入れを行っている時に過払い金請求をする際は、それらの残高を確認して、過払い金で完済できるかどうか判断することが重要になります。

ローンを組む際は信用情報が重要になる

住宅や車など、高額の商品を購入する際にローンで購入するという方も多いことでしょう。

住宅ローンにしてもカーローンにしても、ローン審査に通るのかどうかが気になる方も少なくはありません。

ローンを組むためには、信用情報というものが重要になってきます。

日本では主に3つの信用情報機関があり、ローン審査を行う金融業者はそのうちいずれかには必ず加盟しており、審査請求を行った方の信用情報を調査します。

●JBA(全国銀行個人信用情報センター)
JBAとは、全国銀行個人信用情報センターのことで、その名の通り銀行などの金融機関が加盟している信用情報機関です。
銀行のカードローンに申し込む場合の審査などに利用されます。

●CIC(株式会社シーアイシー)
CICとは、株式会社シー・アイ・シーのことで、クレジットカード会社や信販会社などが加盟している信用情報機関です。
主に割賦販売や消費者ローンなどのクレジット事業を行っている会社が会員となっています。
3つの信用情報機関の中で一番信用情報の量が多い機関でもあります。

●JICC(株式会社日本信用情報機構)
JICCとは、株式会社日本信用情報機構のことで、消費者金融や保証会社などの会社が加盟している信用情報機関です。
種類問わず多くの金融機関が加盟しており、銀行の場合はネット銀行が多く加盟している機関です。

ローンだけではなく、クレジットカードのキャッシング利用でも信用情報に記録として残ります。

これらの信用情報は、その情報の種類によって一定の期間保存されます。

また、ローンやクレジットカードの返済が滞ると、それらも信用情報として登録されます。

それらの延滞が長期にわたるなどの理由で金融機関から強制解約を受けた場合では最長5年間にわたり、信用情報に記録が残されます。

また、利用者の返済の滞りにより保証会社が残りを返済する代理弁済の場合も最長5年間記録が残ります。

支払い能力がなくなるなどして、債務整理を行った場合、任意整理であれば最長5年間、自己破産の場合は最長10年にわたり記録が残る場合もあります。

なお、キャッシング枠の利用では信用情報に記録として残りますが、いわゆる信用に傷がつくという状態になるわけではありません。

もちろん金融機関によっては、キャッシング枠の利用が多い場合や多額の場合、その後のローン審査に影響が出る可能性もあります。

ですが、きちんと支払いを行っている場合は問題がないことが多いです。

過払い金請求後もローンも組みたい場合の方法

完済してから過払い金請求を行う

借金返済中で過払い金請求後にローンを組むたい場合、1つの方法として借金を完済してから手続きを行う方法があります。

借金返済中の過払い金請求は任意整理扱いになってしまい、過払い金で残りの借金を0にすることができなければブラックリストに載ってしまいます。

ローンを組むことを考えると、過払い金請求後にブラックリストに載ってしまうことは避けなければなりません。

先述していますが、完済している過払い金請求の場合は債務整理扱いにならずブラックリストに載ることはありません。

過払い金請求を行うこと自体で信用情報に傷がつき、その後のローンに影響を与えることはないというわけです。

ですので、ローンを組むことを考えているのであれば、信用情報に傷がつかないほうが良いため、ショッピング枠やキャッシング枠、リボ払い枠のすべてを完済したことを確かめてから過払い金請求を行うとよいでしょう。

ただし、過払い金請求には消滅時効がありますので、その期限については確認しておくことが重要です。

過払い金請求の消滅時効は「最終返済日から10年間」です。

過払い金請求後にローンを組むために完済することに意識を取られてしまい、消滅時効が成立し過払い金を回収することが出来なくなってしまっては本末店頭です。

ですから、消滅時効に注意しつつ、借金を完済できそうであれば完済してから過払い金請求を行うと良いでしょう。

返済中の過払い金請求時は過払い金で完済できるか確認する

では、ローンをすぐに組む必要があるのにもかかわらず、すぐに借金を返済できないという場合はどうすればいいのでしょうか。

この場合は、過払い金として帰ってくるお金と借金額を比較する必要があります。

過払い金として戻ってくる額が多い場合、借入金と相殺され一括返済が可能となるため、信用情報に傷がつくことはありません。

そのため、ローン組めないという事態に陥る可能性はそれほど高くはありません。

ですが、過払い金として戻ってくる額が小額の場合は相殺しても完全に借金が返済できないこともあります。

その場合は信用情報機関に情報が登録されてしまうため、その後数年にわたってローンを組むことが難しくなる場合があります。

この場合は、過払い金請求ではなく、金融会社からの債務を減額という形になるため、債務整理のうち任意整理というものになります。

そのため、ローン審査にデメリットを及ぼすことがあり、その期間は最長で5年間です。

過払い金請求の還付金で借入金の返済を行うというケースは、クレジットカードのショッピング枠と相殺を行う場合、保証業務を担う銀行とカードローン残債と相殺を行う場合、系列ブランドと相殺を行う場合があります。

いずれにしても、個人ですべての系列会社などを確認するのは難しいため、過払い金請求を行う場合は、完済できるかどうかなどを含め、弁護士や司法書士などの専門家に相談することが望ましいでしょう。

住宅ローンを組んでから過払い金請求を行う

人生の中で最も支払額が大きい支払いに、住宅を挙げる方も少なくはありません。

住宅の場合は住宅ローンを組んで購入するという方も多いことでしょう。

では、過払い金請求を行うタイミングと住宅ローンを組むタイミングではどちらを先にすればよいでしょうか。

一般的には住宅ローンを組んでから過払い金請求を行うとよいと言えます。

なぜなら、過払い金請求を行っても、すでに組んでいるローンに影響はないからです。

ローンを組むために影響を及ぼすのは信用情報です。

過払い金請求を行っても信用情報に傷がつくということはありませんが、請求を行ったタイミングで借入金が残っていた場合で、かつ過払い金請求により戻ってくる額でその借入金が返せない場合は信用情報に傷がつき、最長5年間ローンを組めないという場合があります。

もちろん、すでに完済した借金による過払い金請求では影響はありませんので、過払い金請求を行ってからローンを組むことも問題ありません。

ですが、過払い金請求とローン審査を同時に行うことが危険な場合もあります。

特に借入金が残っている場合、返済できることがわかっていても一時的に信用情報に登録される貸金会社もあります。

ローン審査前、あるいはローン審査中に信用情報に登録されてしまうと、ローン審査に通らない可能性が出てくるため、ローン審査が終わってから過払い金請求を行うほうが望ましいと言えます。

過払い金請求をしたいがローンを組めなくなる可能性がある方へ

借金返済中の過払い金請求の場合はブラックリストに載ってしまう可能性があります。

借金返済中で過払い金請求もしたいが、ローンも組みたいという時はどうすれば良いのか難しい問題です。

とはいえ、この問題を解決するためのポイント挙げるとしたら、過払い金先に行う方が良いことが言えます。

ローンを組むためには審査をクリアしなければいけないのですが、借金を返済中の場合は住宅ローンやカーローンなどの大きな金額のローンを組むことが基本的に難しいです。

理由は返済能力が乏しいと判断されてしまうからです。

借金をしていることがローンを組む障壁となっているのであれば、ローンを組めるようにするためには借金を完済することが一番近道になります。

過払い金請求を行うことで過払い金を残高に充てることができ、借金を返済しやすくなります。

ですから、ブラックリストに載ってしまっても、過払い金請求を行った方が結果的に早くローンを組めるようになる場合が多いです。

ブラックリストに載ってしまう期間は大体5年間ですが、そんなに待てないという場合はブラックリスト載らずに過払い金請求をする必要があります。

借金返済途中であれば過払い金で完済するか、もしくは完済してから過払い金請求をするかの2つの方法があります。

この2つも状況によってはすぐにはできず期間が掛かることもありますが、ブラックリストに載って削除されてからローンを組む方法よりは早くできる可能性があります。

借金を返済途中で今後ローンを組みたい方は上記の3つのパターンを踏まえて自分にとって最適な方法は何か検討してみてください。

そして、過払い金の計算などは難しいので専門家に相談して最終的な方針を決めるようにしてみると良いでしょう。

まとめ

住宅ローンやカーローンなどのローンを組む際に気になるのは信用情報です。

過払い金請求によってローンが組めなくなるというデメリットはありませんが、借入金が残っている場合は別です。

借入金が残っていない、すでに完済した借金について過払い金請求を行う場合はそれほど気にする必要もありませんが、問題は借入金がある場合です。

借入金があっても、過払い金額によって完済できる場合は信用情報に傷がつきませんが、完済できない場合は信用情報に残ってしまいます。

また、完済できる場合であっても貸金会社によっては一時的に信用情報に登録される場合もあります。

そのため、過払い金請求を行うタイミングはローン審査に通ってからというのが望ましいでしょう。

債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還額累計90億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ