神奈川県で過払い金請求依頼したい司法書士・弁護士事務所

神奈川県で過払い金請求依頼したい司法書士・弁護士事務所

◇神奈川県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

*神奈川県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所*

泉総合法律事務所

◇事務所詳細◇
  • 住所:神奈川県横浜市西区南幸2-20-2 共栄ビル6階
  • 電話:045-312-1488
  • 営業時間:平日10:00~21:00/土日祝10:00~18:00
◇債務整理料金◇
  • 任意整理:30,000円/1社 ※減額報酬0円
  • 過払い金請求:過払成功報酬の20% ※減額成功報酬0円
  • 自己破産:同時廃止200,000万円 少額管財280,000万円 実費一律25,000円
  • 個人再生:280,000円

泉総合法律事務所では、個人の借金問題に10年以上の実績があり、在籍弁護士はもちろん、スタッフも債務整理の知識を持っているため、気軽に相談することが出来ます。 また、弁護士費用の支払いが困難な場合には、分割払いにも柔軟に対応してくれます。

川崎シティ法律事務所

◇事務所詳細◇
  • 住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町15-5 十五番館ビル11階
  • 電話:044-233-0885
  • 営業時間:平日10:00~17:00
◇債務整理料金◇
  • 任意整理:お問い合わせください
  • 過払い金請求:お問い合わせください
  • 自己破産:210,000円~
  • 個人再生:300,000円~

川崎シティ法律事務所は、相続や遺産、遺言、自己破産、債務整理などの様々な法律相談を行っています。 インターネットからメール相談も可能ですので是非ご利用ください。

藤沢総合法律事務所

◇事務所詳細◇
  • 住所:神奈川県藤沢市藤沢484-1 藤沢アンバービル7F
  • 電話:0466-27-3960
  • 営業時間:平日0:00~18:00
◇債務整理料金◇
  • 任意整理:1社当たり32,400円
  • 過払い金請求:返還を受けた過払金の21.6%
  • 自己破産:324,000円
  • 個人再生:572,400円

債務整理案件では、初回相談料は無料です。 また弁護士費用もリーズナブルでわかりやすくなっております。まずはご相談ください。

◇神奈川県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融や信販会社などの貸金業者に払いすぎた利息。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融や信販会社などの貸金業者がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

◇過払い金請求のメリット

*払いすぎた利息が返ってくる*

過払い金請求とは、法定金利以上に取られていた利息を、法定金利に計算し直して、払い過ぎた利息を取り戻すことです。

以前、賃金業者は最大29.2%の金利を課していました。利息制限法では15~20%の利息が上限でしたが、出資法の上限は29.2%であったことから、この間の利息はグレーゾーン金利と呼ばれていました。

しかし、2010年に賃金業法が改正されて、上限が20%に設定されました。上限を超えて利息を払っていた人は、手続きを行うことで、利息を取り戻すことができます。これは、過払い金請求の最大のメリットです。

*借金を返済中であれば、借金が減る*

借金の返済中に過払い金請求を行い、払い過ぎた利息が戻ってくれば、その利息を残っている借金にあてることができ、借金が減ることになります。借金の返済が負担になっている方は、早めに過払い金請求を行いましょう。

*借金を返済中であれば、取立て(督促)と返済がストップする*

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼した場合、取立(催促)と返済がストップします。ただし、自分で過払い金請求した場合、督促はストップしないので注意しましょう。

*借金を完済したあとの過払い金請求ならブラックリストに登録されない*

数年前まで過払い金請求をすると「契約見直し」という事故情報が個人信用情報に記載されていました。払い過ぎていたものを返してもらっただけで事故情報が記載されるのはおかしいということで、金融庁の方針として、平成22年からは過払い金請求をしても事故情報が記載されないようになりました。

これ以降、返済がすべて終わった後であれば、過払い金請求をしても、そのことが事故情報として信用情報に掲載されることはなくなりました。ブラックリストへの不安もなく、安心して請求することができるようになりました。ただし、返済が残っている場合は、借金整理として扱われ、事故情報として信用情報に掲載されますので注意しましょう。

ブラックリストとは

ブラックリストとは、クレジットカードの返済が滞った場合などに、事故情報として金融機関の個人信用情報に載ることを指します。登録された状態をブラックリストに載ると言います。

個人信用情報とは、氏名、年齢、生年月日、職業、年収などの個人情報が掲載され、金融機関で共有されているものを言います。 ブラックリストに登録されると、新規のクレジットカードの発行ができなくなり、ショッピングローンなどの利用も制限されることになります。

□返済中の過払い金請求でも過払い金で完済できればブラックにはならない 借金を返済中に過払い金請求した場合でも、戻ってきた過払い金で借金が0にできればブラックリスト扱いにはなりません。

借金を返済中の過払い金請求に関していえば、信用情報に登録されませんが、戻ってきた過払い金で借金を完済できたとしても、一時的に信用情報に登録されてしまいます。その後、登録は削除されるので問題ありませんが、もし、クレジットカードの更新時期が重なる場合、審査がおりない可能性も考えられるので注意しましょう。

*専門家に依頼すれば周囲に内緒で手続きできる*

司法書士や弁護士などに依頼すれば、自宅の電話ではなく携帯電話にかけてもらう、封書は差出人に事務所名を明記しないなどして、家族や職場など周囲にわからないように手続きしてもらえます。借金があったことは知られずにすみます。借金があったことが周囲にバレるのが怖い方は、専門家に依頼しましょう。

過払い金請求を自分でやることも可能ですが、家族にバレてしまう可能性があります。また、和解交渉がうまくいかず、訴訟となった場合、平日に裁判所に行かなければなりません。仕事をしている人の場合、平日に出向くのは難しいでしょう。個人で過払い金請求を行うと、時間と手間がかかる上、取り戻せる金額が少ないなどデメリットも多いです。

◇過払い金請求のデメリット

*返済中の過払い金請求はブラックリストに登録されてしまう*

借金返済中の過払い金請求は、債務整理(任意整理)扱いとなり、信用情報に登録されてしまいます。5年程度で登録は消えるので、その後ならクレジットカードを持ったり、ローンを組んだりするなど新たな借入れができますが、ブラックリストに載ることになってしまいます。

*過払い請求をした消費者金融からは、今後借りることができない可能性が高い*

基本的に過払い金請求をすると、その業者からは借入れをすることができなくなるのが一般的です。しかし、仮にお金が必要になった場合は、その他の金融業者からは借りることができるので、それほど大きなデメリットではありません。

◇過払い金請求の注意点

*完済後10年までしか請求できない*

過払い金請求ができるのは、完済後10年までと決まっています。グレーゾーン金利の廃止からもうすぐ10年となり、過払い金請求はひとつの区切りを迎えようとしています。時効があるので急がないと間に合わない可能性もあります。心当たりのある方は、なるべく早めに過払い金があるかどうか調べましょう。

*倒産してしまった業者からは過払い金請求できない*

過払い金請求の負担で、貸金業者の経営状況が悪化し、倒産している業者もあります。過払い金請求ができなくなっているところも少なくないので、早めに手続きしましょう。

*会社名が変わって吸収合併で分からなくなった業者も多い*

借金の返済後、何年も経過している場合、賃金業者の名前が変わっている可能性もあります。倒産などで会社がない場合は請求できませんが、何らかの形で事業が継続している場合、請求できるかもしれませんので、専門家に相談しましょう。

*クレジットカードのショッピング利用に注意*

クレジットカード会社の場合、キャッシングは完済していても、ショッピング返済が残っていると相殺されてしまいます。相殺されないと残債ありと判断され、ブラックリストに登録されてしまう事例もあるので注意しましょう。

◇過払い金請求の多い神奈川県について

神奈川県(かながわけん)は、日本の県の一つ。関東地方の南西端、東京都の南に位置する。 県庁所在地は横浜市。県名は東海道筋に古くから栄えた宿場町神奈川宿(現・横浜市神奈川区)、および幕末に戸部町(現・横浜市西区紅葉ヶ丘)に置かれた神奈川奉行所に由来する。 これら「神奈川」の由来は、京急仲木戸駅近くに流れていた長さ300mほどの小川の名前からで、現在は道路になっている。 都道府県別の人口は東京都に次ぐ第2位。人口密度は東京都、大阪府に次ぐ第3位。県内総生産は東京都、大阪府、愛知県に次ぐ第4位。県内の政令指定都市数は3つと日本最多。面積は第43位の規模である。

神奈川県は、関東地方の南西部に位置する県で、元の相模国全域と武蔵国の一部に当たる。県の人口は9,146,681人(2016年10月1日現在)で、総人口の約6.9%を占め、面積は2415.83km2で、国土の約0.6%を占める。 県内の市町村数は33で、うち市は19、町は13、村は1(愛甲郡清川村)。県内の政令指定都市は横浜市・川崎市・相模原市の3市、中核市は横須賀市の1市、特例市は小田原市・大和市・平塚市・厚木市・茅ヶ崎市の5市である。 県東部の横浜市、川崎市は、都市化・工業化が進んでおり、東京湾に面した京浜工業地帯の一角を形成する。県西部は緑豊かな丹沢山地から足柄山地、箱根山が連なり、酒匂川が流れる足柄平野には小田原城の城下町・小田原市が開ける。 県中央部は相模原市、海老名市などの平野部で都市化・工業化が進んでおり、相模川が流れ平塚市から相模湾に注ぐ。 県南東部は、海沿いに茅ヶ崎市、藤沢市が開け、鎌倉幕府が置かれた鎌倉市から、明治以来の軍港都市・横須賀市がある三浦半島にかけて、三浦丘陵が連なる。 県域は、古くは相模国の中心である相模湾沿岸部と相模川流域部が栄えた。 川崎市と横浜市の大部分を占める武蔵国の領域は、古東海道(矢倉沢往還)沿いと東京湾沿岸を中心に小規模な農漁村が形成された。 相模国府は所在地が特定されていないが、平塚市、大磯町、海老名市、小田原市に置かれていたという説がある。 平安時代から武士団の活動が活発化し、末期には征夷大将軍・源頼朝により鎌倉に鎌倉幕府が置かれた。鎌倉時代の始まりである(開幕の時期は諸説あり)。 鎌倉には鶴岡八幡宮を筆頭に神社仏閣が多数建立され、鎌倉五山も整備され、武士の都として君臨する事となる。 その後、執権北条氏によって運営された鎌倉幕府は元寇の恩賞を分け与えられず、全国的に反乱を招く。幕府自体も新田義貞の鎌倉攻めにより滅亡。 足利尊氏による室町時代へと時代は移る。 室町時代には鎌倉公方が東の将軍府として置かれるも、政権争いが絶えず、最終的に鎌倉公方は茨城県古河に移り古河公方となり、武家の都・鎌倉の終焉を迎える。 その際に鎌倉の街並みも破壊され、現在に至る街の連続性は失われた。

戦国時代には北条早雲が相模・伊豆を切り取り、日本最初の戦国大名となる。 その後5代に渡り名君を出した後北条氏の拠点である小田原は隆盛を誇り、関東制覇に邁進した。当時の小田原城下の発展は西の山口に対し、東の小田原と迄言われた。 日本最初の上水道も、この時代に整備された。しかし羽柴秀吉の快進撃の前に降伏を余儀なくされ、戦国大名としての北条氏は断絶に至った。 秀吉の全国制覇の際、北条氏の領土は徳川家康に移り、家康は拠点を小田原から江戸に移した。 その後江戸時代には江戸幕府の置かれた江戸への交通路として東海道が整備され、東京湾沿岸部の開発が進んだ。 県域には幕府直轄の代官支配地と旗本・御家人の所領が多く配された。 江戸時代中期以降、県域内に本拠を置いた大名領(藩)は西部の小田原藩(小田原市)及び規模の小さい2藩(荻野山中藩(厚木市中荻野)、武蔵金沢藩(六浦藩、横浜市金沢区))のみであるが、一方で県域外に本拠を置く大名の飛地領が多く置かれ(烏山藩(栃木県那須烏山市)、佐倉藩(千葉県佐倉市)、西大平藩(愛知県岡崎市)など)、県域内の支配はモザイク状に細分されていた。 幕末には横浜港が開港され、明治時代に入ると東京湾沿岸部を中心として発展した。 戦前・戦後を通じて、京浜工業地帯周辺における商工業の発展と東京一極集中に伴うベッドタウン化などにより人口も増加したため、県内には過疎地域自立促進特別措置法によって指定された過疎地域がない。 とは言え、後述(#人口)のように横須賀市や小田原市、三浦市など人口の停滞ないし減少が顕著な地域もあり、また足柄上地域などに中山間地域を抱えている点に他都道府県と変わりはない。

人口は1939年(昭和14年)に200万人、1956年(昭和31年)に300万人を超えて以後、ほぼ7年ごとに100万人ずつ増加していった。 2012年(平成24年)6月1日現在では907万2471人と、全都道府県で第2位の人口となっている(人口密度は東京、大阪に次ぐ第3位)。 また、2010年から2015年における人口増加率は首都圏で東京、埼玉に次ぐ第3位となっている。 合計特殊出生率は1.28と全国の1.37を下回っている(2009年)が、総人口はいまだ増加傾向にあり、特に横浜・川崎・相模原では都心回帰に伴って県内の市町村からの転入も多い。 一方で、横須賀・三浦・小田原など東京通勤圏最外縁部に位置する市町では減少傾向にある。 このため都市部への人口集中が進み、2012年(平成24年)現在、神奈川県民のうち約41%が横浜市民、約16%が川崎市民、約8%が相模原市民である。 すなわち、県人口の半数以上が横浜市、川崎市、相模原市に集中していることになる。 その一方で、例えば三浦市では人口が5万人を割り込み、戸建て住宅の定住者に10万円の奨励金を交付する三浦市定住促進制度などを導入するなど、人口減が顕著になっている。

神奈川県とは、日本の関東地方南西部にある県。北で東京都と、西で静岡県と、北西で山梨県と、それぞれ隣接している。 また、陸路以外では東京湾アクアラインおよび東京湾フェリーによって千葉県とも往来が可能である。県庁所在地は横浜市。

律令国 明治9年から26年までの多摩郡を含む神奈川県 律令国 明治9-26年 廃藩置県により県が誕生するまでは、この辺りは「相模国」と呼ばれていた(北東部、横浜の辺りは武蔵国の領域)。 また廃藩置県では西半分が伊豆国と統合されて足柄県が設置されたり(明治9年に神奈川県に相模国部分を編入)、明治26年まで多摩郡が神奈川県に含まれたりしていた。

県内には、かつて鎌倉幕府が置かれ、大仏でも有名な鎌倉市、近代に入り横浜港が栄え、現在は中華街やシウマイで有名な横浜市、また温泉で知られる箱根や鶴巻などがあり、県西部には丹沢山地や箱根の山が並び登山もできるほか、海沿いの県という事もあって湘南の海で泳ぐ若者もいるなど、観光資源は意外に豊富。

南に相模湾と面しており、南東の端には三浦半島、南西の端には真鶴半島がある。 県の中央を北から南に相模川が流れる。 相模川の途中には相模湖(相模ダム)、津久井湖(城山ダム)、宮ヶ瀬湖(宮ヶ瀬ダム、正確には支流の中津川)などがある。 北部から西部にかけてはそれぞれ丹沢山地、箱根の山が並ぶ。

また、大正時代に起きた関東大震災の震源である「相模トラフ」を始め、県内や沿岸の海底などに規模の大きい地震が起き得る可能性のある断層が幾つか発見されているため、県内各地では大地震を想定した地震対策が採られている。

横浜市、川崎市、相模原市が政令指定都市、横須賀市が中核市(藤沢市は中核市候補市)、小田原市、大和市、平塚市、厚木市、茅ヶ崎市が特例市である。

相模原市は2010年4月に政令指定都市に移行した。 そのため、神奈川県は日本で唯一3つの政令市を抱える都道府県となった。 なお、よく誤解されるが町田市は東京都に属する。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

司法書士法人杉山事務所
過払い金の着手金が0円!

杉山事務所

週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO.1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金があるかわかるメール相談のみの利用もOK!

フリーダイヤル 0120-066-018
お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 過払い金の着手金:0円
相談実績:3000件/月
家族にバレない匿名診断
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

みどり法務事務所
相談は何度でも無料

司法書士法人みどり法務事務所

東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

フリーダイヤル 0120-837-032
お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 過払い金返還実績:90億円
相談実績:月500件
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

年末年始や祝日に関係なく、1年間365日24時間いつでもメールまたは電話での相談ができるのは最大の特徴。深夜でも土日でも対応可能です。また、債務整理専属のスタッフ60名がフルサポートする体制を整えていますので、依頼後のちょっとした不安や悩みも相談しやすい環境が整っています。

お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 相談実績:24万件以上
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

借金減額診断!
リスクなしで借金を減らせるか診断

減額診断

司法書士法人みつ葉グループが運営する国が認めた借金減額方法!年中無休365日、家族にばれずに診断可能!借金問題解決のプロが親身に対応。

借金減額診断 診断はこちら
特徴 診断料:0円
女性相談員対応可能
24時間受付対応
診断料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

コメントを残す